脳腫瘍病理学会と関連学会

第19回日本脳腫瘍病理学会

The 19th Annual Meeting of The Japan Society of Brain Tumor Pathology


  • 会 長:松谷雅生教授   埼玉医科大学脳神経外科
  • 期 日:平成13年5月23日(水),24日(木)
  • 場 所:都市センターホテル(〒102-0093 東京都千代田区平河町2-4-1

プログラム


第1日:5月23日(水)


開会のご挨拶 会長   松谷 雅生
特別講演1 
特別講演2 
主題2 シンポジウム Astrocytoma のprogression
主題2(Astrocytoma のprogression)関連症例報告
主題2(Astrocytoma の progression)関連演題
厚生省がん研究助成金研究報告
教育セミナー
議事総会
ランチョンセミナー(1)
ランチョンセミナー(2)
ランチョンセミナー(3)
口演発表  脳腫瘍の生物学(1)
口演発表  Gliomatosis cerebri
口演発表  浸潤
口演発表  髄膜腫
口演発表  脳下垂体腺腫
口演発表  血管新生
口演発表  脳腫瘍の生物学(2)ー治療ー
口演発表  脳腫瘍の生物学(3)
口演発表  脳腫瘍の生物学(4)
ミニ臨床病理検討会
臨床病理検討会
懇親会

第2日:5月24日(木)


口演発表  治療耐性
口演発表  Radiosurgery 後の病理変化
主題1:合同シンポジウム「脳腫瘍の治療と病理変化」
主題1(脳腫瘍の治療と病理変化)関連演題
ランチョンセミナー(4)
ランチョンセミナー(5)
特別シンポジウム:21世紀の脳腫瘍病理学
ポスター発表  髄膜腫
ポスター発表  Schwannoma
ポスター発表  骨軟部腫瘍
ポスター発表  その他の腫瘍
ポスター発表  Neuronal-glial tumor
ポスター発表  PNET
ポスター発表  Choroid plexus
ポスター発表  Malignant lymphoma
ポスター発表  Germ cell tumor
ポスター発表  下垂体腺腫
ポスター発表  Glioma
閉会のご挨拶
次期会長よりご挨拶

Exit:ページTopへ / 一覧へ戻る



平成13年5月23日(水)A会場(3階コスモスホール)

8:50
  
開会のご挨拶

			埼玉医科大学脳神経外科 松谷 雅生



9:00 - 9:30

主題2(Astrocytoma のprogression)関連症例報告
 001 出産後に悪性転化を示した low grade astrocytoma の一例 北里大学脳神経外科 萩原 宏之  002 頭蓋外進展,転移を来した secondary glioblastoma の一例 佐賀医科大学脳神経外科 上田 茂雄  003 Central neurocytoma 摘出後,anaplastic oligodendroglioma,anaplastic astrocytoma を発症した1例 東北大学脳神経外科 金森 政之  004 Ganglioglioma と glioblastoma の父子例 東京医科大学脳神経外科 秋元 治朗


Exit:ページTopへ / 一覧へ戻る


シンポジウム:主題2:Astrocytoma のprogression
 005 Diffuse astrocytoma の progression 例の検討 京都大学脳神経外科 高橋 潤  006 再発星細胞系腫瘍の臨床病理学的検討 東京女子医科大学脳神経センター 久保 長生  007 Astrocytoma progression における異常EGF受容体の発現とシグナリングの意義 杏林大学脳神経外科 永根 基雄  008 p14ARF,p16INK4A and RB1 alterations in genetic pathways to glioblastomas Unit of Molecular Pathology -IARC 中村 光利  009 Astrocytoma の progression に関わる因子 筑波大学脳神経外科 高野 晋吾

Exit:ページTopへ / 一覧へ戻る

10:35 - 11:15

特別講演1

	Malignant progression in oligodendrogliomas and its clinical significance
Massachusetts General Hospital and Harvard Medical School
Prof. David N. Louis

Exit:ページTopへ / 一覧へ戻る

11:15 - 11:55

特別講演2

	演題未定
		
			Prof. Paul Kleihues

Exit:ページTopへ / 一覧へ戻る

11:55 - 12:10

厚生省がん研究助成金研究報告

 010	 乏突起膠腫の分類に関する病理形態学的検討
		群馬大学第1病理 中里 洋一


Exit:ページTopへ / 一覧へ戻る

12:10 - 12:30


 議事総会





Exit:ページTopへ / 一覧へ戻る

12:30~13:30

ランチョンセミナー(1)

 	脳腫瘍のウイルス療法
		Massachusetts General Hospita and Harvard Medical Schooll
        藤堂 具紀



Exit:ページTopへ / 一覧へ戻る

13:35 - 14:25

 主題2(Astrocytoma の progression)関連演題

 011	 脳腫瘍における Fibroblast Growth Factor-5 の発現について
		京都大学脳神経外科 中久木 卓也
 012	 グリオーマの組織学的悪性度と遺伝子異常
		三重大学脳神経外科 堀 康太郎
 013	 Astrocytoma におけるアミノ酸トランスポーターLAT1の発現
		防衛医科大学校脳神経外科 苗代 弘
 014	 グリオーマにおける非相同性エンドジョイニング複合体
 014	 (Ku70, Ku86, DNA-PKcs)の免疫組織化学的検討
		佐賀医科大学脳神経外科 白石 哲也
 015	 グリオーマの部位別DNA-ploidy解析と形態学的比較
		関西医科大学脳神経外科 塚崎 裕司
 016	 脳腫瘍におけるMusashi-1発現に関する検討
		香川医科大学脳神経外科 國塩 勝三

Exit:ページTopへ / 一覧へ戻る

14:25 - 15:05

 脳腫瘍の生物学(1)

 017	 松果体実質腫瘍の組織型分類における病理組織学的検討
		群馬大学第1病理 山根 優子
 018	 神経線維腫症1型に合併したpilocytic astrocytomaにおける
 018	 10番染色体のLOH解析
		熊本大学脳神経外科 多田 建智
 019	 Schwannomaにおける細胞周期制御タンパクの発現
		群馬大学第1病理 田中 学
 020	 中枢神経系悪性リンパ腫におけるEpstein-Barr virus (EBV) の
 018	 発現:in situ hybridizationによる検討
		北里大学脳神経外科 中原 邦晶
 021	 膠芽腫,肺癌,胃癌の3重複悪性腫瘍におけるp53異常ー症例報告ー
		筑波大学脳神経外科 阿久津 博義

Exit:ページTopへ / 一覧へ戻る

15:05 - 15:20

 Gliomatosis cerebri

 022	 両側基底核部に拡がるgliomatosis cerebriと思われる1症例
		大阪市立総合医療センター脳神経外科 山中 一浩
 023	 Gliomatosis cerebriのメチオニンPETと病理
		東京警察病院脳神経外科 筑井 恵美子

Exit:ページTopへ / 一覧へ戻る

15:30 - 18:30

 臨床病理検討会

 024	 神経上皮への分化と間葉系分化を思わせる所見を同じに呈した松果体腫瘍の1例
		国立仙台病院臨床検査科 鈴木 博義
 025	 Anaplastic meningioma with papillary, rhabdoid and epithelioid features
 018	  : a case report
		琉球大学脳神経外科 斉藤 厚志
 026	 興味ある画像および病理所見を呈したdysplastic glioneuronal tumor の1例
		島根医科大学脳神経外科 杉本 圭司
 027	 組織分類困難であった小児悪性脳腫瘍
		信州大学脳神経外科 酒井 圭一
 028	 組織学的診断に苦慮したgangliogliomaの一例
		長崎大学脳神経外科 皆川 竜哉
 029	 Anaplastic gangliogliomaが疑われた前頭葉腫瘍の一例
		長崎大学脳神経外科 林 健太郎
 030	 Solitary fibrous tumorが疑われた鞍上部腫瘍の1症例
		熊本大学脳神経外科 篠島 直樹
 031	 右前頭葉腫瘍の一例
		京都大学脳神経外科 山名 則和

Exit:ページTopへ / 一覧へ戻る

19:00 -


懇親会 
	平河町マツヤサロン(全共連ビル6F)





Exit:ページTopへ / 一覧へ戻る

9:10 - 9:58

 浸潤

 032	 Film in situ zymographyによるグリオーマ組織のgelatinase活性の局在評価
		筑波大学脳神経外科 高野 晋吾
 033	 Gliomatosis Cerebri の腫瘍細胞増殖、浸潤の病理学的検討ー細胞接着因子L1の関与ー
		大阪大学脳神経外科 鈴木 強
 034	 頭蓋咽頭腫における細胞接着分子タンパク(cadherin, catenin)の発現に関する
 018	 免疫組織学的検討
		北里大学脳神経外科 岡 秀宏
 035	 髄膜性腫瘍における細胞間接着装置関連蛋白の発現
		福井医科大学脳神経外科 佐藤 一史
 036	 Invasive meningiomaの脳浸潤先端部における細胞接着因子タンパクの発現に関する
 018	 病理組織学的検討
		北里大学脳神経外科 宇津木 聡
 037	 上衣腫における細胞間接着因子の検討
		東京医科大学病院病理 大谷 方子

Exit:ページTopへ / 一覧へ戻る

9:58 - 10:30

 髄膜腫

 038	 髄膜腫に出現するrhabdoid cell様細胞の病理組織学的検討
		群馬大学第1病理 吉田 孝友
 039	 髄膜腫における浸潤と再発について
		香川医科大学脳神経外科 岡田 真樹
 040	 Meningeal hemangiopericytomaにおけるprostaglandin D synthase (beta-trace)
 018	 発現の検討
		九州大学脳神経病研究施設病理 河島 雅到
 041	 髄膜腫における増殖能およびvascularityとthallium-201 SPECTの組織学的関連性
		愛媛大学脳神経外科 中川 晃

Exit:ページTopへ / 一覧へ戻る

10:30 - 11:02

 脳下垂体腺腫

 042	 下垂体腺腫における腫瘍内出血の病理学的検討
		旭川医科大学脳神経外科 程塚 明
 043	 下垂体腺腫におけるbFGFの核内発現:腫瘍再発のマーカーとしての可能性
		防衛医科大学校脳神経外科 福井 伸二
 044	 Prolactin-releasing peptide receptorのヒト正常下垂体および
 018	 下垂体腺腫での発現解析
 018	 ー二重免疫組織学的手法による検討ー
		昭和大学脳神経外科 阿部 琢巳
 045	 下垂体腺腫における成長ホルモン分泌惹起物質受容体下垂体腺腫における
 018	 成長ホルモン分泌惹起物質受容体(GHS-R)の発現に関する免疫組織化学的検討
		日本医科大学脳神経外科 大山 健一

Exit:ページTopへ / 一覧へ戻る

11:02 - 11:42

 血管新生

 046	 Expression of vascular endothelial growth factor (VEGF) and 
two receptors
 in diffusely infiltrating astrocytomas and 
  018	 its relation to proliferative 
 018	 activity of tumor cell
		中国青島大学医学院病理 項 鋒鋼
 047	 ヒト脳腫瘍におけるVEGFR(Flk-1)の発現
		東京女子医科大学第1病理 澤田 達男
 048	 PI3K targets HIF-1 and HIF-1 ancillary sequence in transcriptional
 018	   regulation of VEGF gene in glioma
		宮崎医科大学脳神経外科 横上 聖貴
 049	 抗matrix metalloproteinase剤SI-27を用いたvascular endothelial growth 
 018	 factor 誘発性tumor angiogenesisの抑制効果
		日本医科大学脳神経外科 吉田 大蔵
 050	 脳腫瘍におけるendostatin発現に関する検討
		東京医科歯科大学脳神経外科 森本 卓史

Exit:ページTopへ / 一覧へ戻る

11:42 - 12:06

 脳腫瘍の生物学(2)ー治療ー

 051	 マイクロダイアリシス法を用いた脳細胞外液中の抗癌剤濃度測定:
 018	 移植脳腫瘍および皮下腫瘍における検討
		関西医科大学脳神経外科 土田 高宏
 052	 ヒトグリオーマ細胞に対する酪酸ナトリウムのアポトーシス導入の分子機構
		北斗病院脳神経外科 佐和 弘基
 053	 Farnesyltransferase Inhibitor (B1620) によってもたらされる悪性グリオーマの
 018	 in vitroおよびin vivo病理変化の検討
		富山医科薬科大学脳神経外科 栗本 昌紀

Exit:ページTopへ / 一覧へ戻る

12:30 - 13:30

 ランチョンセミナー(2)

	下垂体腺腫のホルモン産生機構
		帝京大学市原病院脳神経外科 松野 彰



Exit:ページTopへ / 一覧へ戻る

13:45 - 14:09

 脳腫瘍の生物学(3)

 054	 genome DNA microarrayを用いた、悪性神経膠腫における癌遺伝子増幅検出の試み
		岩手医科大学脳神経外科 荒井 啓史
 055	 転写制御因子C/EBPα、βのグリオーマ組織における発現について
		新潟大学脳研究所脳神経外科 山中 龍也
 056	 神経細胞系腫瘍におけるフラクタルカインの発現
		鹿児島大学脳神経外科 竹島 秀雄

Exit:ページTopへ / 一覧へ戻る

14:09 - 14:33

 脳腫瘍の生物学(4)

 057	 Glioblastomaにおけるサイトケラチン8の発現
		昭和大学脳神経外科 泉山 仁
 058	 AstrocytomaにおけるBcl-2ファミリーの発現
		岡山大学脳神経外科 大同 茂
 059	 Gliomaに於けるPEG3蛋白の発現について
		昭和大学藤が丘病院脳神経外科 長島 梧郎

Exit:ページTopへ / 一覧へ戻る

14:33 - 15:29

 ミニ臨床病理検討会

 060	 PNET with epithelial differentiationが考えられた1症例
		久留米大学脳神経外科 寺崎 瑞彦
 061	 右大脳半球脳実質の半分を占める巨大嚢胞を呈した初老期の1例
		聖麗メモリアル病院脳神経外科 岡部 慎一
 062	 確定診断に苦慮した脳室内播種を伴う脳腫瘍の1症例
		東邦大学第1脳神経外科 大塚 隆嗣
 063	 約10ヶ月の経過で急速に成長した小児脳腫瘍の一例
		帝京大学脳神経外科 藤巻 高光
 064	 Perivascular pseudorosetteを伴うpilocytic astrocytomaの一例
		町立大淀病院脳神経外科 丘田 正人
 065	 再発、増大を繰り返し、一部、頭蓋骨と遊離して存在したosteoma
		信州大学脳神経外科 瀬口 達也
 066	 頭蓋骨 neuroendocrine tumor の一例
		慶応義塾大学脳神経外科 峯 裕


平成13年5月24日(木)

	
	午前中は神経病理学会口演




Exit:ページTopへ / 一覧へ戻る

12:00 - 13:30

ランチョンセミナー(3)

	脳梗塞急性期 penumbra 領域における astrocyte の役割
		埼玉医科大学総合医療センター脳神経外科 浅野 孝雄



Exit:ページTopへ / 一覧へ戻る

13:30 - 16:45

 特別シンポジウム:21世紀の脳腫瘍病理学

 S1	 発生学から見た脳腫瘍病理
		東京大学名誉教授,富士脳障害研究所 佐野 圭司
 S2	 グリオーマにおける組織診断と1p, 19q, 10q LOHとTP53 異常の意義
		東京大学脳神経外科 植木 敬介
 S3	 病理形態学の立場から
		群馬大学第1病理 中里 洋一
 S4	 脳腫瘍悪性化の生物学 ~ゲノム不安定化の病理学的検出~
		熊本大学腫瘍医学 佐谷 秀行
 S5	 Glioma classification: challenges for the future 
		Massachusetts General Hospital and Harvard Medical School
			Prof. David N. Louis
 S6	演題未定
		
			Prof. Paul Kelihues

Exit:ページTopへ / 一覧へ戻る

15:45


閉会のご挨拶

		埼玉医科大学脳神経外科 松谷 雅生



Exit:ページTopへ / 一覧へ戻る

15:45


次期会長よりご挨拶

		広島大学脳神経外科 栗栖 薫



Exit:ページTopへ / 一覧へ戻る

9:00 - 9:32

 治療耐性

 067	 Astrocytoma progression における MGMT 遺伝子メチル化の意義
		日本大学脳神経外科 渡辺 学郎
 068	 薬剤耐性遺伝子の発現からみた astrocytic tumor の progression
		北里研究所メディカルセンター脳神経外科 田中 聡
 069	 悪性神経膠腫におけるACNU自然耐性と治療後獲得耐性の評価
 018	 ー抗MGMT抗体を用いた免疫組織化学ー
		東京医科大学脳神経外科 秋元 治朗
 070	 低酸素下におけるヒトグリオーマ細胞の薬剤耐性因子発現について
		長崎大学脳神経外科 案田 岳夫

Exit:ページTopへ / 一覧へ戻る

9:32 - 10:04

Radiosurgery 後の病理変化
 071	 ガンマナイフ誘発性膠芽腫
		奈良県立医大脳神経外科 開道 貴信
 072	 Stereotactic Radiosurgery (SRS) が行われた glioblastoma の
 018	 剖検例2例の病理学的検討
		京都大学脳神経外科 高橋 潤
 073	 悪性グリオーマのradiosurgery後のMRI造影病変の病理所見についての検討
		三重大学脳神経外科 松原 年生
 074	 放射線および化学療法による悪性グリオーマの病理学的変化
		熊本大学脳神経外科 北村 伊佐雄

Exit:ページTopへ / 一覧へ戻る

10:04 - 11:35

 合同シンポジウム:主題1:脳腫瘍の治療と病理変化
				座長 九州大学脳神経病研究施設脳神経外科 福井 仁士
				   東京医科歯科大学難治疾患研究所神経病理 桶田 理喜
 075	 Gliomaに対するγ-knife治療 - 治療前後のMRI、病理組織学的検討 -
		和歌山県立医科大学脳神経外科 上松 右二
 076	 Radiosurgery にて加療した転移性脳腫瘍剖検例における検討
		長崎大学脳神経外科 鎌田 健作
 077	 放射線誘発脳腫瘍並びに脳血管障害について
		京都大学脳神経外科 上羽 哲也
 078	 局所放射線大量照射後の脳腫瘍の病理組織学的検討
		東京女子医科大学脳神経センター 久保 長生
 079	 悪性グリオーマに対するインターフェロン遺伝子治療の臨床病理変化
		名古屋大学脳神経外科 若林 俊彦
 080	 頭蓋内胚細胞腫瘍におけるneoadjuvant therapy後の病理学的所見
		熊本大学脳神経外科 河内 正人
 081	 下垂体前葉組織と非機能性腺腫の放射線治療に伴う組織学的変化について
		東京医科大学脳神経外科 西岡 宏

Exit:ページTopへ / 一覧へ戻る

11:35 - 12:23

 主題1(脳腫瘍の治療と病理変化)関連演題
				座長 日本大学脳神経外科 宮上 光祐
				   東京女子医科大学脳神経外科 久保 長生
 082	 Interferon-β投与によるhuman glioma xenograftの病理組織
		筑波大学脳神経外科 高野 晋吾
 083	 化学放射線療法後にganglioneuromaへの分化をみたolfactory neuroblastomaの一例
		浜松医科大学病院病理 三浦 克敏
 084	 再発時、肉腫成分が消失したgliosarcomaの一例
		岐阜大学脳神経外科 矢野 大仁
 085	 塞栓術後髄膜腫における病理組織学的検討
		長崎大学脳神経外科 角田 圭司
 086	 磁性微粒子を用いた悪性脳腫瘍細胞内温熱療法による経時的病理学的変化の検討
		名古屋大学脳神経外科 若林 俊彦
 087	 非定型的な臨床経過をたどった放射線誘発性の右側頭部腫瘍の一例
		愛知医科大学脳神経外科 辻 有紀子

Exit:ページTopへ / 一覧へ戻る

12:00 - 13:00

ランチョンセミナー(4)

	脳梗塞急性期 penumbra 領域における astrocyte の役割
		埼玉医科大学総合医療センター脳神経外科教授 浅野 孝雄



Exit:ページTopへ / 一覧へ戻る

12:30 - 13:30

ランチョンセミナー(5)

	神経内視鏡で脳を見る
		東京大学脳神経外科 西原 哲浩



Exit:ページTopへ / 一覧へ戻る

-

ポスター演題 E会場


髄膜腫
 088	 全身転移を来した頭蓋底悪性髄膜腫の1例:細胞遺伝学的考察を加えて
		山口大学脳神経外科 原田 克巳
 089	 Glial fibrillary acidic protein (GFAP) expression in atypical meningioma
		広島大学第二病理 Anatya Vishwa Jeet
 090	 Chordoid meningioma の一例
		茨城県立中央病院脳神経外科 安田 宗義
 091	 Chordoid meninigoma の一例
		市立四日市病院脳神経外科 市原 薫
 092	 6回の再発をきたした乳頭状髄膜腫の一例
		神戸大学第一病理 児玉 良典
 093	 腫瘍内嚢胞を伴った微小嚢胞型髄膜腫の一例
		埼玉県立がんセンター脳神経外科 楮本 清史

Exit:ページTopへ / 一覧へ戻る

-

Schwannoma
 094	 広範囲にmyxoid change を認めた vestibular schwannoma の1例
		岡山大学脳神経外科 田中 宏明
 095	 急速な増大を来したシュワン細胞腫の一例
		東京女子医科大学脳神経外科 丸山 隆志

Exit:ページTopへ / 一覧へ戻る

-

骨軟部腫瘍
 096	 脊髄 solitary fibrous tumor の1例
		徳島大学第一病理 堀口 英久
 097	 頭蓋内悪性繊維性腫瘍の一例
		大阪大学脳神経外科 丸野 元彦
 098	 稀なトルコ鞍部腫瘍の2症例:plasmacytoma と mesenchymal chondrosarcoma
		新潟大学脳研究所病理 稲永 親憲
 099	 組織診断に苦慮した胎児型横紋筋肉腫脳転移の一例
		九州労災病院脳神経外科 松本 健一
 100	 画像所見上 massive osteolysis を呈した悪性頭蓋底部骨腫瘍の一例
		北里大学脳神経外科 近藤 宏治
 101	 眼窩内涙腺部を原発として前頭蓋底部に浸潤したと思われる adenocarcinomaの一例
		名古屋第一赤十字病院脳神経外科 池田 浩司

Exit:ページTopへ / 一覧へ戻る

15:05 - 15:20

その他の腫瘍
 102	 ラトケ嚢胞と診断され再発の後に頭蓋咽頭腫と診断された一例
		長崎大学脳神経外科 出雲 剛
 103	 Pleomorphic pituicytoma の一例
		佐賀医科大学脳神経外科 堤 正則
 104	 側頭骨斜台移行部に生じた核内および細胞質内好酸性封入体を有する
 018	 原発性epithelioid hemangioendothelioma の一例
		群馬大学第一病理 神谷 誠
 105	 興味ある組織像を呈した小脳内海綿状血管腫の小児例
		愛媛大学脳神経外科 高野 昌平
 106	 脊髄髄内に生じた subependymoma の2例
		埼玉医科大学第一病理 島田 志保

Exit:ページTopへ / 一覧へ戻る

-

Neuronal-glial tumor
 107	 左前頭葉に発生した嚢胞・石灰化を伴うneuro-glial tumor の1例
		金沢医科大学脳神経外科 飯田 隆昭
 108	 Pilomyxoid glioneuronal tumor と考えられる小児側頭葉腫瘍の1例
		大分医科大学脳神経外科 井上 亮
 109	 小脳原発と考えられた第4脳室内 mixed neuronal-glial tumor の10例
		東京都神経科学総合研究所臨床神経病理 小森 隆司
 110	 Papillary glioneuronal tumor と考えられた一例
		福井医科大学脳神経外科 北井 隆平
 111	 高齢者に発生した papillary glioneuronal tumor の一例
		倉敷中央病院病理 津嘉山 朝達
 112	 多嚢胞性の側頭葉 glioneuronal tumor の一生検例
		関東脳神経外科病院 狩野 友昭

Exit:ページTopへ / 一覧へ戻る

-

Neurocytoma
 113	 Central neurocytoma と glia への分化
		日本大学脳神経外科 宮上 光祐
 114	 右側頭葉腫瘍の一例
		三重大学脳神経外科 星野 有
 115	 Atypical central neurocytoma の2例
		山形大学脳神経外科 朽木 秀雄
 116	 前頭葉 extraventricular atypical central neurocytoma の1例
		県立広島病院脳神経外科 山本 恵子

Exit:ページTopへ / 一覧へ戻る

15:05 - 15:20

PNET
 117	 Cystic pineoblastoma (?) の1例
		広島大学脳神経外科 杉山 一彦
 118	 馬尾に発生した peripheral PNET が疑われた1例
		琉球大学脳神経外科 嶺井 聡

Exit:ページTopへ / 一覧へ戻る

-

Melanoma
 119	 Meningeal melanocytoma の2例
		モンテフィオーレ病院神経病理 飯田 真岐
 120	 脳実質内および副鼻腔に発生した悪性黒色腫の二例 ー電顕所見についての検討ー
		日本医科大学脳神経外科 志村 俊郎

Exit:ページTopへ / 一覧へ戻る

-

Choroid plexus
 121	 脈絡叢上皮の腺管(腺房)状変化:病理組織学的考察
		大阪赤十字病院病理 新宅 雅幸
 122	 Xanthogranuloma of choroid plexus の1例
		藤田保健衛生大学第一病理 安倍 雅人

Exit:ページTopへ / 一覧へ戻る

-

Malignant lymphoma
 123	 脳生検で診断された intravascular malignant lymphomatosis
		中国復旦大学医学院神経病学研究所 陳 宏
 124	 稀な intracranial Castleman's disease の1例
		奈良県立医科大学 橋本 宏之
 125	 頭蓋内 malignant lymphoma におけるp14ARF 及びp16INK4a遺伝子変異とその発現
		奈良県立医科大学第2病理 中村 光利

Exit:ページTopへ / 一覧へ戻る

-

Germ cell tumor
 126	 延髄に発生した胚細胞腫の一例
		東京女子医科大学 丸山 隆志
 127	 Growing teratoma syndrome を呈した小児胚細胞腫の一例
		大阪府立成人病センター脳神経外科 井阪 俊彦

Exit:ページTopへ / 一覧へ戻る

15:05 - 15:20

Metastatic brain tumor
 128	 ガンマーナイフが有効であった膵臓癌の脳転移の1例
		昭和医科大学脳神経外科 泉山 仁
 129	 Unusual computed tomography and magnetic resonance imaging of
 018	  cerebellar metastasis -case report-
		筑波大学脳神経外科 片山 亘

Exit:ページTopへ / 一覧へ戻る

-

下垂体腺腫
 130	 下垂体卒中にて発症した silent mixed corticotroph and 
 018	 somatotroph macroadenoma
 018	  ー免疫組織化学的染色および in situ hybridization による検討ー
		昭和大学脳神経外科 阿部 琢巳
 131	 Acromegary と galactorrhea にて発症したGH 産生,PRL産生 pituitary adenoma の
 018	 男子症例についての解析
		京都府立与謝の海病院脳神経外科 須川 典亮
 132	 Gangliocytoma を合併したGH産生下垂体腺腫例の病理組織学的検討
		鳥取大学脳神経外科 黒崎 雅道
 133	 ラトケ嚢胞を伴った下垂体腺腫の一例
		東北大学脳神経外科 中邨 裕之
 134	 硬膜付着部を欠き,急性硬膜下血腫を生じた髄膜腫と異所性プロラクチノーマを合併した1例
		琉球大学脳神経外科 金城 尚子
 135	 放射線治療後に急速な腫瘍増大を認めた macropituitary adenoma の一例
		山形大学脳神経外科 黄木 正登

Exit:ページTopへ / 一覧へ戻る

-

脳腫瘍治療後の病理変化
 136	 定位的放射線治療を行った glioma のMRIおよび組織学的検討
		金沢医科大学脳神経外科 岡本 一也
 137	 ガンマナイフ治療後,脳浮腫をきたした hemangioblastoma 症例
		東京女子医科大学脳神経外科 中谷 幸太郎
 138	 陽子腺照射を施行した斜台部脊索腫の1剖検例
		筑波大学脳神経外科 石川 栄一
 139	 放射線照射組織での免疫組織化学法による増殖能定量の妥当性
		滋賀医科大学脳神経外科 中洲 敏
 140	 視神経膠腫(NF1)に対する放射線治療8年後に側頭葉に発生したganglioglioma の一例
		近畿大学脳神経外科 赤井 文治

Exit:ページTopへ / 一覧へ戻る

-

Glioma
 141	 Cortical dysplasia に多彩な病理学的所見を合併した一例
		旭川医科大学脳神経外科 渡辺 剛助
 142	 悪性神経膠腫との鑑別が困難であった炎症性・脱髄性疾患の4症例
		東北大学脳神経外科 林 俊哲
 143	 30 年の経過をたどった pontine glioma の一例
		広島大学脳神経外科 梶原 佳則
 144	 化学療法及び放射線療法が著効せず染色体解析にて膠芽腫に近似するとされた
 018	 病理診断上乏突起星細胞腫の1例
		大阪医科大学脳神経外科 池田 直廉
 145	 放射線,化学療法に抵抗性を示した anaplastic oligoastrocytomaについての検討
		長崎大学脳神経外科 鈴木 八重子
 146	 診断に苦慮した multicentric glioblastoma の一例
		大阪医科大学脳神経外科 宮下 実
 147	 術前の髄液細胞診が鑑別診断に有効であった malignant glioma の1例
		鳥取大学脳神経外科 美津島 穣
 148	 Gd-DTPA造影MRIにて増強効果を呈する low-grade astrocytoma の病理組織学的所見
		福井医科大学脳神経外科 竹内 浩明
 149	 第3脳室に発生した chordoid glioma の一例
		滋賀医科大学脳神経外科 中島 正之
 150	 発症より6年後に局所再発と髄腔内播種を来した ependymoma の一例
		天理よろづ相談所病院脳神経外科 鍋島 祥雄
 151	 前頭葉 glioma 術後7年目に硬膜浸潤を伴って発生した gliosarcoma の1例
		山形市立病院済生館脳神経外科 天笠 雅春
 152	 側頭葉に発生した gliosarcoma の電子顕微鏡的観察
		日本大学脳神経外科 宮上 光祐
 153	 脂肪性分化を伴ったPNETと多形膠芽腫が混在した特異な脳腫瘍の1例
		埼玉医科大学第一病理 石沢 圭介
 154	 先天性脳腫瘍の組織病理学的特性についての検討
		聖マリアンナ医科大学横浜市西部病院脳神経外科 中山 博文


Exit:ページTopへ / 一覧へ戻る

9:10 - 12:10

教育セミナープログラム


5月23日(水)3階コスモスホール(日本脳腫瘍病理学会A会場隣り)
司会 広島大学脳神経外科 杉山 一彦
   埼玉医科大学脳神経外科 杉山 聡
9:10 開会のご挨拶 埼玉医科大学脳神経外科 松谷 雅生 9:15 Neuronal-glial tumor の臨床 鹿児島大学脳神経外科教授 倉津 純一 9:50 Neuronal-glial tumor の病理 埼玉医科大学第1病理学教授 広瀬 隆則 10:25 Germ cell tumor の診断と治療 北海道大学脳神経外科講師 澤村 豊 10:50 機能性下垂体腺腫の概念 虎ノ門病院脳神経外科医長 山田 正三 11:35 脊髄髄内腫瘍の診断と治療 大津市民病院脳神経外科部長 寳子丸 稔

Exit:ページTopへ / 一覧へ戻る

12:30 - 13:30

ランチョン・セミナー

	稀な脳腫瘍の画像診断
		順天堂大学放射線科教授 前原 忠行



Exit:ページTopへ / 一覧へ戻る

13:30 - 16:25

13:30	 脳腫瘍のWHO分類
		群馬大学第1病理学教授 中里 洋一

14:05	 Malignant lymphoma の臨床
		愛媛大学脳神経外科教授 大西 丘倫

14:40	 Malignant lymphoma の病理
		新潟大学脳研究所分子神経病理学教授 熊西 敏郎

15:15	 Meningioma の病理(特殊型を中心に)
		福井医科大学脳神経外科教授 久保田 紀彦

15:50	 脳腫瘍の遺伝子治療
		ハーバード大学医学部マサチューセッツ総合病院
			脳神経外科助教授 藤堂 具紀

Exit:ページTopへ / 一覧へ戻る


このページのトップへ