スライドセミナー「脳腫瘍」

CASE 921.10

症例 10. 61歳,女性

61歳   1月     頭痛,嘔気,健忘症が出現してきた。
    11月     入院,CTスキャンにて前頭葉腫瘍と診断
    11月 29日 腫瘍部分摘出術施行
手術所見 腫瘍は前頭葉正中底部の右側に主座を置く。灰白色~赤紫色,軟または硬の組織が混在,一部に石灰化を伴う。 正常脳との境界は明瞭な部と,浸潤性の部があった
画像

このページのトップへ

症例一覧


CASE 9210.1 SUMMARY

1.組織学的診断:anaplastic oligo-astrocytoma

スペース

2.診断に至る要点と注意点

  1. 成人女性の前頭葉腫瘍
  2. 多彩な色調,軟~硬の組織,石灰化,浸潤性の部分あり
  3. 間質の血管結合織がよく発達,分葉状構造
  4. 腫瘍細胞は

    1) 腫大した類円形核と淡明な細胞質を持つ細胞
    2) 好酸性の細胞質を持つ類円形細胞, minigemistocytes

  5. 蜂巣構造 honey-combed structure
  6. 核はクロマチンが増量,核分裂像が散見される
  7. 壊死巣(+)

3.本腫瘍の病理学的概要

  1. oligodendrogliomaと同様の臨床的特徴
  2. 腫瘍内にGFAP(-)のoligo様細胞とGFAP(+)のminigemistocytesが混在
  3. 細胞密度が高く,腫瘍細胞に異型と核分裂像が出現
  4. 血管内皮細胞の増生,壊死巣もみられる

4.Comment

Anaplastic oligo-astrocytoma 退形成性乏突起星細胞腫

 定義 混合乏突起星細胞腫の構成成分の一方又は両方に退形成変化が加わった腫瘍である。

5.文献

  1. Herpers MJH, Budka H: Glial fibrillary acidic protein (GFAP) in oligodendroglial tumors; gliofibrillary oligodendroglioma and transitional oligoastrocytoma as subtypes of oligodendroglioma. Acta Neuropathol (Berl) 62:141-144, 1983

このページのトップへ

症例一覧へ